掛川茶(掛川市)

掛川は、古くからお茶の産地として太陽の恩恵を受けてきました。

日照時間が長いためカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。さらに、穏やかな気候と適度な雨量といった豊かな自然環境のため、良質な茶を生産している全国でも屈指の茶どころです。

市の特産となっている「深蒸し煎茶」は、普通煎茶よりも蒸し時間を2から3倍長くする製法により、水色が濃厚で自然の甘みが感じられる深い味わいになります。

深蒸し煎茶の産地として、ブランド戦略商品の『天葉(あまね)』を売り出しました。「天葉(あまね)」は掛川市が茶の推奨銘柄品種とする「さえみどり」と「つゆひかり」で4月25日から5月2日の間に製茶された一番茶の荒茶を、茶商やJA関係者らが外観や内質など厳しく審査し、選び抜かれた高品質なものだけにあたえられる称号です。

ぜひ一度ご賞味ください。

掛川茶の販売に関してのお問い合わせ先

掛川茶商協同組合

所在地:掛川市下俣南2丁目26-7

電話:0537-22-5509(9時00分から16時00分まで)