環境首都創造NGO全国ネットワーク(旧 環境首都コンテスト全国ネットワーク)
English自治体の方へ活動へのご参加・ご支援
サイト内検索
環境首都創造NGO全国ネットワークバナー

ぜひこのバナーを使って、当サイトにリンクしてください。リンク先はhttp://www.eco-capital.net/でお願いします。

水Do! 水道水で行こう
地球環境基金

本ウェブサイトは、、独立行政法人環境再生保全機構からの助成金(2010年度まで)を活用して構築しました。

このウェブサイトに関するお問い合せ先

環境首都創造NGO全国ネットワーク 事務局
特定非営利活動法人 環境市民
http://www.kankyoshimin.org
〒604-0934
京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル206号室
環境市民内
TEL 075-211-3521
FAX 075-211-3531
E-mail office@eco-capital.net

アクセスカウンタ
今日 : 1107
昨日 : 1098
総計 : 2596359
トップ (メニュー)  >  日本の環境首都コンテスト  >  参加自治体一覧と参加自治体数の推移
前
日本の環境首都コンテストの仕組み
カテゴリートップ
日本の環境首都コンテスト
次
第10回の結果概要

参加自治体一覧と参加自治体数の推移

 この環境首都コンテストに参加した自治体はあわせて229自治体となりました。

自治体の参加率

 過去の実績は、第1回が93、第2回が115、第3回が83、第4回が75、第5回が75、第6回が74、第7回が66、そして第8回が67、第9回と第10回が58となりました。
過去10年を振り返ると、平成の大合併がピークを迎えた2003年〜2005年に国内の自治体数は大幅に減少しました。それに伴い参加率は上がりましたが、自治体数が安定しはじめた2006年以降は3〜4%で推移しました。(下図参照)。
全10回を通し、1回でも参加経験のある自治体は229(現自治体で)となり、現在の総自治体数の13%強となります。


参加自治体数と割合の推移

年度 総自治体数A 参加自治体数B %(B/A)
2001 3,223 93 2.88
2002 3,217 115 3.57
2003 3,179 83 2.61
2004 2,942 75 2.54
2005 2,170 75 3.45
2006 1,817 74 4.07
2007 1,800 66 3.66
2008 1,786 67 3.75
2009 1,772 58 3.27
2010 1,724 58 3.36

参加自治体の人口群別推移

 傾向として、第2〜4群の中小規模自治体が多くを占めました。
推移を見ると、第2群までの自治体が増加傾向にあること、反対に第5群の自治体の減少傾向が見られます。多くの自治体にとって参加しやすい自治体環境施策評価システムを考えるためにも、今後の分析がまたれます。

参加自治体の人口群の割合

参加自治体の地方別推移

 中部、近畿地方からの参加数が多くなっています。推移を見ると、関東地方からの参加自治体が減少傾向にあるようです。これまで沖縄からの参加はなく、北海道からの参加も少なくなっています。

日本の環境首都コンテスト参加自治体MAP(財団法人ハイライフ研究所)


地域ごとの参加割合
プリンタ用画面
 
前
日本の環境首都コンテストの仕組み
カテゴリートップ
日本の環境首都コンテスト
次
第10回の結果概要
わがまち自慢

第35回 気仙沼市


気仙沼市は,宮城県の北東端に位置しています。太平洋に面した沿岸域は変化に富んだリアス式海岸を形成しており,気仙沼湾は四季静穏な天然の良港として,陸中海岸国立公園及び海中公園並びに南……続きはこちら

バックナンバーを見る

オススメEco土産・特産品

掛川茶(掛川市)

掛川は、古くからお茶の産地として太陽の恩恵を受けてきました。

日照時間が長いためカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。さらに、穏やかな……続きはこちら

バックナンバーを見る

環境首都創造NGO全国ネットワーク Copyright(C)2008-2011 The National Eco-City Contest Network All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 (C) 2005-2011 The XOOPS Project