環境首都創造NGO全国ネットワーク(旧 環境首都コンテスト全国ネットワーク)
English自治体の方へ活動へのご参加・ご支援
サイト内検索
環境首都創造NGO全国ネットワークバナー

ぜひこのバナーを使って、当サイトにリンクしてください。リンク先はhttp://www.eco-capital.net/でお願いします。

水Do! 水道水で行こう
地球環境基金

本ウェブサイトは、、独立行政法人環境再生保全機構からの助成金(2010年度まで)を活用して構築しました。

このウェブサイトに関するお問い合せ先

環境首都創造NGO全国ネットワーク 事務局
特定非営利活動法人 環境市民
http://www.kankyoshimin.org
〒604-0934
京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル206号室
環境市民内
TEL 075-211-3521
FAX 075-211-3531
E-mail office@eco-capital.net

アクセスカウンタ
今日 : 1112
昨日 : 1098
総計 : 2596364
トップ (メニュー)  >  日本の環境首都コンテスト  >  日本の環境首都コンテストに参加するメリットは?
前
日本の環境首都コンテスト 次の展開について
カテゴリートップ
日本の環境首都コンテスト
次
日本の環境首都コンテストの成果

日本の環境首都コンテストに参加するメリットは?

  本コンテストへの参加により、自治体が得られるメリットは以下のようにまとめられます。これらは既参加自治体からの定着した評価ともなっています。

  1. 環境施策に関する総合的・包括的な質問に全庁的に回答する過程で、自治体の環境行政を横断的に把握し、持続可能な地域社会に向けた自治体行政への課題を展望することができます。
  2. 国内の先進事例を織り込んだ質問への回答作業を通じて、他自治体の取り組み状況や優れた事例、また市民から見た評価ポイントなど、環境行政推進に向けた有用な情報が得られます。
  3. コンテストの結果を他自治体のものと比較するにより、参加自治体の中で自治体の環境行政がどれくらいの位置を占めているのかを客観的に把握し、見直すための材料が得られます。
  4. 環境NGOによる取り組みの評価により、自治体内部や議会における環境担当部署の評価の高まりが期待できます。
  5. メディアを通じて大きく報道されるため、地域住民へのアピール効果も大きく、地域住民の環境問題への関心の高まりが期待できます。
  6. コンテストの評価結果は、合併後の新自治体においても環境行政の継続と拡充の必要性を説く根拠になり、新自治体の施策に影響を与えることが期待できます。
  7. コンテストと連携して開催する交流会等へ優先的に参加できます。参加により、他自治体や主催者である環境NGOとの人的交流を深めることができます。
プリンタ用画面
 
前
日本の環境首都コンテスト 次の展開について
カテゴリートップ
日本の環境首都コンテスト
次
日本の環境首都コンテストの成果
わがまち自慢

第35回 気仙沼市


気仙沼市は,宮城県の北東端に位置しています。太平洋に面した沿岸域は変化に富んだリアス式海岸を形成しており,気仙沼湾は四季静穏な天然の良港として,陸中海岸国立公園及び海中公園並びに南……続きはこちら

バックナンバーを見る

オススメEco土産・特産品

掛川茶(掛川市)

掛川は、古くからお茶の産地として太陽の恩恵を受けてきました。

日照時間が長いためカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。さらに、穏やかな……続きはこちら

バックナンバーを見る

環境首都創造NGO全国ネットワーク Copyright(C)2008-2011 The National Eco-City Contest Network All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 (C) 2005-2011 The XOOPS Project