環境首都創造NGO全国ネットワーク(旧 環境首都コンテスト全国ネットワーク)
English自治体の方へ活動へのご参加・ご支援
サイト内検索
環境首都創造NGO全国ネットワークバナー

ぜひこのバナーを使って、当サイトにリンクしてください。リンク先はhttp://www.eco-capital.net/でお願いします。

水Do! 水道水で行こう
地球環境基金

本ウェブサイトは、、独立行政法人環境再生保全機構からの助成金(2010年度まで)を活用して構築しました。

このウェブサイトに関するお問い合せ先

環境首都創造NGO全国ネットワーク 事務局
特定非営利活動法人 環境市民
http://www.kankyoshimin.org
〒604-0934
京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル206号室
環境市民内
TEL 075-211-3521
FAX 075-211-3531
E-mail office@eco-capital.net

アクセスカウンタ
今日 : 1773
昨日 : 2192
総計 : 2600962
トップ (メニュー)  >  環境首都創造ネットワーク  >  発足までの経緯  >  環境首都創造ネットワーク 結成の呼びかけ
カテゴリートップ
発足までの経緯
次
メンバーの声

環境首都創造ネットワーク 結成の呼びかけ

設立趣旨

日本は、そして世界は文明の大きな転換点にたっています。地球温暖化、生物多様性をはじめとした地球規模の環境問題、リーマンショックに端的に表れた世界的な経済システムの行き詰まり、国内外における格差の拡大等、持続可能な社会の基盤となる環境、経済、社会の三要素とも大きな危機に直面しています。また、日本の地域社会においては、産業基盤や雇用の流動化、少子高齢化、地域コミュニティの弱体化、地方財政の脆弱化等も重なり、地域社会の将来に暗雲が垂れこめています。
さらに、福島第一原子力発電所の重大事故は、エネルギー問題だけでなく私たちの文明の「豊かさ」に対する根源的な疑問を、日本のみならず全世界へ投げかけました。このような危機を脱し持続可能な社会を築くためには、小手先の改革ではなく、パラダイムシフトをともなう根源的な社会変革が必要です。
持続可能という概念は、1992年のリオデジャネイロでの国連の環境と開発に関する会議で世界的な認識となりました。その会議での包括的で最も重要な合意文書であるアジェンダ21の第28章に「アジェンダ21で提起されている諸問題及び解決策の多くが地域的な活動に根ざしているものであることから、地方公共団体の参加及び協力が目的達成のために決定的な要素になる」と記されています。このように、持続可能で豊かな社会を実現する基盤は、地域にあることは明確です。今こそ地域がなすべきことを、地域から始めるときです。
日本を地域から持続可能で豊かな社会に変えていくには、多様なセクターが参画する戦略的なパートナーシップの構築が必須となっています。そこで「日本の環境首都コンテスト」を主催していたNPO及び積極的に参加していた自治体を中心に「環境首都創造ネットワーク」の結成を呼びかけることにしました。
環境、経済、社会の三要素とも大切にした、持続可能で豊かな社会への転換を図ることが3.11を経験した私達日本に生きる者に課せられた命題ではないかと考えます。またそれは子々孫々や世界、そして地球への責任であるとともに、住民生活の「真の豊かさ(QOL)」を築くためにも、必ず実現しなければならないものになっています。
貴団体の参画を心からお願いいたします。

環境首都創造ネットワークウェブサイト
http://www.jnccs.net
プリンタ用画面
 
カテゴリートップ
発足までの経緯
次
メンバーの声
わがまち自慢

第35回 気仙沼市


気仙沼市は,宮城県の北東端に位置しています。太平洋に面した沿岸域は変化に富んだリアス式海岸を形成しており,気仙沼湾は四季静穏な天然の良港として,陸中海岸国立公園及び海中公園並びに南……続きはこちら

バックナンバーを見る

オススメEco土産・特産品

掛川茶(掛川市)

掛川は、古くからお茶の産地として太陽の恩恵を受けてきました。

日照時間が長いためカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。さらに、穏やかな……続きはこちら

バックナンバーを見る

環境首都創造NGO全国ネットワーク Copyright(C)2008-2011 The National Eco-City Contest Network All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 (C) 2005-2011 The XOOPS Project