環境首都創造NGO全国ネットワーク(旧 環境首都コンテスト全国ネットワーク)
English自治体の方へ活動へのご参加・ご支援
サイト内検索
環境首都創造NGO全国ネットワークバナー

ぜひこのバナーを使って、当サイトにリンクしてください。リンク先はhttp://www.eco-capital.net/でお願いします。

水Do! 水道水で行こう
地球環境基金

本ウェブサイトは、、独立行政法人環境再生保全機構からの助成金(2010年度まで)を活用して構築しました。

このウェブサイトに関するお問い合せ先

環境首都創造NGO全国ネットワーク 事務局
特定非営利活動法人 環境市民
http://www.kankyoshimin.org
〒604-0934
京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル206号室
環境市民内
TEL 075-211-3521
FAX 075-211-3531
E-mail office@eco-capital.net

アクセスカウンタ
今日 : 243
昨日 : 842
総計 : 2566055
トップ (メニュー)  >  自治体とNGOの共同提言  >  〔提案2〕環境首都コンテスト参加自治体とNGO等のネットワークによる人材の戦略的流動化
前
〔提案1〕地域から日本を変える 戦略的パートナーシップ・ネットワークの構築を
カテゴリートップ
自治体とNGOの共同提言
次
〔提言3〕地域の主体性を大切にした、再生可能エネルギーの飛躍的拡大を〜日本社会への提案〜

「環境首都コンテスト参加自治体とNGO等のネットワークによる人材の戦略的流動化」


持続可能な社会を築く基盤は、世界の地域社会にある。住民参画のもと地域の特性、自立性に基づく政策運営が本来、民主主義社会のあるべき姿である。

ただ、我が国においては、ともすれば国の縦割りの補助制度を利用した画一的な地域運営が行われてきた。しかし、国は莫大な借金を抱え、地方は国の十分な下支えを期待できない状況となり、いわゆる公共事業に頼らない地域の自立が求められるようになった。

その一方、少子高齢化の進展により、人口減少時代に入るとともに、依然として進行している大都市への人口集中にともない、地方の活力減退が懸念されている。

このような状況を背景に、基礎自治体が主体となった、住民参加のもと縦割りを排除した統合型の地域政策立案が求められ、国もそうした地域の動きを支援する体制となってきている。

こうした地域政策を主として担うのは、基礎自治体の職員であるが、地球温暖化問題のような吃緊で重要な課題の解決にあたるためには、高度な専門的知識を持った人材が必要となる。しかし、多岐にわたる分野ごとに専門職を育て、配置することは多くの自治体にとり、困難なことである。また住民参画をすすめるためには、多セクター間をコーディネートする能力の高い人材が、より求められている。

そこで、このような状況に対応する人材流動化のシステムづくりを提案する。

このシステムは、環境首都コンテストを主催するNPO、参加する自治体と協力する大学、事業者など環境意識の高い様々な団体のネットワークにより、環境政策、統合的な地域政策、住民参画に通じた人材を育成し、その流動化を目指すものである。自治体をはじめとする団体が専門知識、経験をもった人材の受け入れと交流をすすめることにより、政策等の立案能力の向上やスタッフの育成に役立てる。そして、このような人材の交流を通じてネットワークに参加する団体の連携を図り、各々のエンパワーメントと持続可能な地域社会の構築に役立てるものである。

プリンタ用画面
 
前
〔提案1〕地域から日本を変える 戦略的パートナーシップ・ネットワークの構築を
カテゴリートップ
自治体とNGOの共同提言
次
〔提言3〕地域の主体性を大切にした、再生可能エネルギーの飛躍的拡大を〜日本社会への提案〜
わがまち自慢

第35回 気仙沼市


気仙沼市は,宮城県の北東端に位置しています。太平洋に面した沿岸域は変化に富んだリアス式海岸を形成しており,気仙沼湾は四季静穏な天然の良港として,陸中海岸国立公園及び海中公園並びに南……続きはこちら

バックナンバーを見る

オススメEco土産・特産品

掛川茶(掛川市)

掛川は、古くからお茶の産地として太陽の恩恵を受けてきました。

日照時間が長いためカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。さらに、穏やかな……続きはこちら

バックナンバーを見る

環境首都創造NGO全国ネットワーク Copyright(C)2008-2011 The National Eco-City Contest Network All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 (C) 2005-2011 The XOOPS Project