環境首都創造NGO全国ネットワーク(旧 環境首都コンテスト全国ネットワーク)
English自治体の方へ活動へのご参加・ご支援
サイト内検索
環境首都創造NGO全国ネットワークバナー

ぜひこのバナーを使って、当サイトにリンクしてください。リンク先はhttp://www.eco-capital.net/でお願いします。

水Do! 水道水で行こう
地球環境基金

本ウェブサイトは、、独立行政法人環境再生保全機構からの助成金(2010年度まで)を活用して構築しました。

このウェブサイトに関するお問い合せ先

環境首都創造NGO全国ネットワーク 事務局
特定非営利活動法人 環境市民
http://www.kankyoshimin.org
〒604-0934
京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル206号室
環境市民内
TEL 075-211-3521
FAX 075-211-3531
E-mail office@eco-capital.net

アクセスカウンタ
今日 : 1769
昨日 : 2192
総計 : 2600958
トップ (メニュー)  >  環境首都創造フォーラム  >  環境自治体を創る 市区町村長と環境NGOの戦略会議  >  第7回 環境自治体を創る 市区町村長と環境NGOの戦略会議
前
第6回 環境自治体を創る 市区町村長と環境NGOの戦略会議
カテゴリートップ
環境自治体を創る 市区町村長と環境NGOの戦略会議
次
過去の会議テーマ、参加自治体一覧

第7回 環境自治体を創る 市区町村長と環境NGOの戦略会議

趣旨

テーマ:「持続可能な社会」を日本の地域で実現するには〜パートナーシップ

 持続可能な社会、開発を実現するためには地方公共団体が決定的な要素になる、と国連のアジェンダ21に明記されています。私たちの子々孫々が豊かに生活していくためには持続可能性を高めていくことを自治体経営の基本としていく必要があります。

 自治体によって特性は様々であり、当然に持続可能な地域社会といっても多様性があります。しかし、基本となる考えや政策方針などには、共通性があると考えられます。日本の地域社会で持続可能性を高めていくための、基本的な考え方、施策への応用について具体的に、なかでもパートナーシップにはひとつの焦点をあてて議論しました。

テーマ:京都議定書の目標達成へ 地域から地球温暖化防止

 2004年に発効した京都議定書の目標達成期限が6年後にせまっています。しかし、国内の温室効果ガス、特に二酸化炭素の排出量は目標達成にはほど遠い、1990年比8.3増(2003年実績)になっています。国が抜本的な対策を立てられない状況の中、国内の市区町村からは様々な先進的取り組みがみられるようになってきました。地球温暖化防止に向け、住み良い地域づくり、地域経済の持続的な発展とあわせて、どのように取り組んでいくのかについて、具体的な政策議論と情報交換をしました。

タイムテーブル

【8月7日(第1日)】

全体テーマ「持続可能な社会」を日本の地域で実現するには〜パートナーシップ

<コーディネーター>

 飯田市長 牧野 光朗氏

 新城市長 穂積 亮次氏

 環境市民 代表理事 すぎ本 育生

 くらしを見つめる会 代表 内田 洋子

<専門家>

 龍谷大学法学部 教授 白石 克孝氏

 ローカルガバナンス研究所 所長 木原 勝彬氏

 京都大学大学院経済学研究科 教授 植田 和弘氏(14:00〜)

 気候ネットワーク 事務局長 田浦 健朗 氏 

12:00〜13:00

 開会挨拶、本日のテーマについて タイムスケジュールの紹介

【事例発表・課題提案】

 多治見市長 西寺 雅也氏 「持続可能な地域社会づくりの取り組みと今後の課題」

【課題提案】

 環境市民 代表理事 すぎ本 育生 「持続可能な地域社会を創る要件(案)」

13:00〜14:00 ディスカッション

14:00〜14:15 ティー・コーヒーブレイク

14:15〜14:55 

【事例発表・課題提案】

 水俣市長 宮本 勝彬氏 「もやいなおしと持続可能な環境首都への道程・課題」

【事例発表・課題提案】

 大和市長 土屋 侯保氏 「持続可能な社会をめざした協働の仕組みづくりと人材育成」

14:55〜15:55 ディスカッション

15:55〜16:05 休憩

16:05〜16:45

【事例発表・課題提案】

 安城市助役 山田 朝夫氏 「市民とともに環境首都をめざす総合計画の取り組みと今後の課題」

【話題提供】

 くらしを見つめる会 代表 内田 洋子 「協力から協働へ」

16:45〜17:45 ディスカッション

17:45〜18:00 連絡事項、閉会、移動

【8月8日(第2日)】

全体テーマ:京都議定書の目標達成へ 地域から地球温暖化防止

<コーディネーター>

 宇部市長 藤田忠夫氏

 上勝町長 笠松和市氏

 環境ネットワークくまもと 副代表 原 育美

<専門家>

 気候ネットワーク 事務局長 田浦 健朗氏

 龍谷大学法学部 教授 白石 克孝氏

 ローカルガバナンス研究所 所長 木原 勝彬氏

 京都大学大学院経済学研究科 教授 植田 和弘氏

9:00〜10:10

 本日のテーマについて タイムスケジュールの紹介

【事例発表・課題提案】

 新城市長 穂積亮次氏 「地域資源の循環を目指した森林総合産業の創出など、

             各種仕組みづくりと実践、今後の課題」

【事例発表・課題提案】

 環境エネルギー政策研究所 所長 飯田 哲也 

             「地域社会からの地球温暖化防止 事例と課題」

【事例発表】

 板橋区資源環境部環境保全課 課長 山崎 智通氏 

       「エコポリス板橋推進本部等による地域ぐるみの温暖化防止」

10:10〜11:00 ディスカッション

11:00〜11:40

【事例発表・課題提案】 

 飯田市長 牧野 光朗氏

 「高い削減目標、自己宣言、市民協働、ムトスの精神で地域ぐるみの温暖化防止」

【事例発表】

 日田市長 大石 昭忠氏 「自然エネルギーが揃うまち」

11:40〜12:30 ディスカッション

12:30〜13:20 昼食休憩

13:20〜14:05

【事例発表】

 高畠町 住民生活課環境対策室 環境衛生主査 村上 奈美子氏

                  「笑エネキャンペーン2005 in 高畠」

【事例発表・課題提案】

 環境ネットワークくまもと 副代表 原 育美

 「コンテストから見えてきたエコロジカルな交通政策に関する先進事例紹介」

【話題提供】 環境市民 理事 下村 委津子

         「地球温暖化防止を協働する 環境マイスター認定制度」

14:05〜15:00 ディスカッション

15:00〜15:10 まとめ 閉会

プリンタ用画面
 
前
第6回 環境自治体を創る 市区町村長と環境NGOの戦略会議
カテゴリートップ
環境自治体を創る 市区町村長と環境NGOの戦略会議
次
過去の会議テーマ、参加自治体一覧
わがまち自慢

第35回 気仙沼市


気仙沼市は,宮城県の北東端に位置しています。太平洋に面した沿岸域は変化に富んだリアス式海岸を形成しており,気仙沼湾は四季静穏な天然の良港として,陸中海岸国立公園及び海中公園並びに南……続きはこちら

バックナンバーを見る

オススメEco土産・特産品

掛川茶(掛川市)

掛川は、古くからお茶の産地として太陽の恩恵を受けてきました。

日照時間が長いためカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。さらに、穏やかな……続きはこちら

バックナンバーを見る

環境首都創造NGO全国ネットワーク Copyright(C)2008-2011 The National Eco-City Contest Network All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 (C) 2005-2011 The XOOPS Project