環境首都創造NGO全国ネットワーク(旧 環境首都コンテスト全国ネットワーク)
English自治体の方へ活動へのご参加・ご支援
サイト内検索
環境首都創造NGO全国ネットワークバナー

ぜひこのバナーを使って、当サイトにリンクしてください。リンク先はhttp://www.eco-capital.net/でお願いします。

水Do! 水道水で行こう
地球環境基金

本ウェブサイトは、、独立行政法人環境再生保全機構からの助成金(2010年度まで)を活用して構築しました。

このウェブサイトに関するお問い合せ先

環境首都創造NGO全国ネットワーク 事務局
特定非営利活動法人 環境市民
http://www.kankyoshimin.org
〒604-0934
京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル206号室
環境市民内
TEL 075-211-3521
FAX 075-211-3531
E-mail office@eco-capital.net

アクセスカウンタ
今日 : 1776
昨日 : 2192
総計 : 2600965
トップ (メニュー)  >  環境首都創造NGO全国ネットワーク 組織

組織体制

  1. 会員名簿
  2. 役員名簿
  3. 規約


環境首都創造NGO全国ネットワーク 会員名簿

(2015年4月3日現在、18団体)

会員団体名 備考
FoE Japan  
環境エネルギー政策研究所  
環境自治体会議環境政策研究所  
環境文明21  
やまなしエコネットワーク  
ふるさと環境市民  
かながわ環境教育研究会  
川崎フューチャー・ネットワーク  
中部リサイクル運動市民の会  
地域の未来・志援センター  
南信州おひさま進歩  
気候ネットワーク  
環境市民
事務局
公害地域再生センター  
未来の子  
くらしを見つめる会  
環境ネットワークくまもと  
環境ネットワークながさき塾  


環境首都創造NGO全国ネットワーク 役員名簿

(任期 2015年4月1日〜2017年3月31日)

【幹事】

役職 氏名 所属団体 備考
幹事 安藤 多恵子 ふるさと環境市民  
副代表幹事 飯田 哲也 環境エネルギー政策研究所  
幹事 内田 洋子 くらしを見つめる会  
幹事 大西 康史 未来の子  
幹事 三枝 信子 川崎フューチャー・ネットワーク  
代表幹事 すぎ本 育生 環境市民  
幹事 鈴木 嘉彦 やまなしエコネットワーク  
幹事 田浦 健朗 気候ネットワーク  
幹事 萩原 喜之 地域の未来・志援センター  
副代表幹事 原 育美 環境ネットワークくまもと  
幹事 藤江 徹 公害地域再生センター(あおぞら財団)  
幹事 宮原 和明 環境ネットワークながさき塾  
幹事 吉田 明子 FoE Japan  

【会計監事】

役職 氏名 所属団体 備考
会計監事 藤野 完二 未来の子  


環境首都創造NGO全国ネットワーク 規約

2011年1月15日 施行

(名称)
第1条 本会は、環境首都創造NGO全国ネットワークと称する。

(目的)
第2条 本会は、環境首都コンテスト全国ネットワークの10年間の成果を基盤として、深刻化する地球規模及び地域の環境問題の解決のため、持続可能で豊かな地域社会を自治体とのパートナーシップで創造し、併せて日本社会が持続可能になることに寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) NGO、自治体協働による政策研究と提案
(2) NGO、自治体協働による政策の実施と成果検証案
(3) 上記(1)(2)に基づく日本社会への提言
(4) 環境首都をめざす自治体全国フォーラムの開催
(5) 自治体による先進的環境施策事例情報の収集・発信
(6) 自治体職員、NPOスタッフ等を対象とする共同研修、セミナーの開催
(7) 地域公共人材の育成と戦略的流動化の促進
(8) 自治体の政策評価のためのコンテスト

(会員)
第4条 本会は、本会の目的に賛同し、共同で事業を担う民間団体で構成する。

(入会及び退会等)
第5条 本会に入会しようとする団体は、所定の入会申込書に必要事項を記入して本会に提出しなければならない。
2 入会は、本会にすでに所属している2会員以上が推薦し、所属会員の1/2の賛成を必要とする。
3退会は会員の自由意思とし、退会希望者は退会のための所定の手続きを行い、随時退会することができる。
4 次の各号の一に該当するときは、幹事会の議決を経て、退会したものとみなすことができる。
(1) 会員である団体が解散したとき
(2) 会員が本会の会則に定める規定に違反した場合、または、本会の名誉を傷付け、本会の目的に反する行為をした場合には、幹事会の議決を持って除名することができる。

(役員)
第6条 本会に次の役員を置く。
(1) 幹事 5人以上15人以内
(2) 会計監事 1人
2 幹事のうち、1人を代表幹事、2人以内を副代表幹事とする。

(役員の選出)
第7条 役員は、会員団体の中からその構成する個人を選出する。
2 代表幹事、副代表幹事は、幹事会において幹事の互選とする。
3 会計監事は、幹事又は本会の職員を兼ねることはできない。

(役員の職務)
第8条 幹事は、幹事会を構成し、会務の執行を決定する。
2 代表幹事は、本会を代表し、会務を統括する。
3 副代表幹事は、代表幹事を補佐し、代表幹事の事故ある時はその職務を代理する。
4 代表幹事、副代表幹事は、幹事会を構成する。
5 会計監事は、本会の財務を監査する。

(役員の任期)
第9条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠により選任された役員の任期は、前項の規定に関わらず、前任者の残任期間とする。
3 幹事会で後任の役員が選任されていない場合に限り、任期の末日後、最初の幹事会が終結するまでその任期を伸長することができる。

(アドバイザー)
第10条 本会に、アドバイザーを置くことができる。
2 アドバイザーは、本会の目的に賛同する個人で、持続可能な地域社会づくりに関する専門的な知識や経験を持つ者とし、会の活動に指導、助言をする。
3 アドバイザーは、幹事会で人選し、代表幹事が委嘱する。

(会議)
第11条 本会の会議は、幹事会とする。
2 幹事会は、必要に応じて代表幹事が招集する。
3 幹事会は、幹事の過半数の出席で成立することとする。ただし、委任状を含むこととする。
4 幹事会の議決は、出席した幹事総員の合意を基本とする。ただしやむを得ず総員の合意をえられない場合は、出席した幹事の過半数の同意を持って議決する。
5 緊急の議決を必要とする案件が生じた場合には、代表幹事は全幹事の同意の上、インターネットを用いて議決することができる

(審議事項、報告)
第12条 幹事会は、次に掲げる事項を審議する。
(1) 会則の改正に関すること
(2) 事業計画及び予算に関すること
(3) 事業報告及び決算に関すること
(4) 役員の選任に関すること
(5) その他本会の運営に関する必要な事項

2幹事会で審議した事項に関しては、幹事会はすべての会員に報告する。

(部会)
第13条 本会は、事業の円滑な遂行を図るため、幹事会の承認を得て、部会を設けることができる。
2 部会長は、部会において選任する。
3 部会は、幹事会の議決に基づいて活動するとともに、その結果について幹事会に報告する。

(事務局)
第14条 本会の事務を処理するため、事務局を置く。
2 事務局は代表幹事が幹事会の承認を得て、会員の中から指定する。

(経費)
第15条 本会の運営に要する経費は、助成金、補助金、事業収入、寄付金、その他の収入をもって充てる。

(事業年度)
第16条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(その他)
第17条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、幹事会においてこれを定める。

附 則
1 この会則は、2011年1月15日から施行する。
2 本会の設立当初の会員は、第4条及び第5条第1項及び同第2項の規定にかかわらず、「環境首都コンテスト全国ネットワーク」の構成団体で、入会を希望するものとする。
3 役員の任期は、第9条の規定にかかわらず、2013年3月31日までとする。
4 本会の設立当初の事業年度は、第16条の規定にかかわらず、設立の日から2012年3月31日までとする。

プリンタ用画面
 
カテゴリートップ
組織
わがまち自慢

第35回 気仙沼市


気仙沼市は,宮城県の北東端に位置しています。太平洋に面した沿岸域は変化に富んだリアス式海岸を形成しており,気仙沼湾は四季静穏な天然の良港として,陸中海岸国立公園及び海中公園並びに南……続きはこちら

バックナンバーを見る

オススメEco土産・特産品

掛川茶(掛川市)

掛川は、古くからお茶の産地として太陽の恩恵を受けてきました。

日照時間が長いためカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。さらに、穏やかな……続きはこちら

バックナンバーを見る

環境首都創造NGO全国ネットワーク Copyright(C)2008-2011 The National Eco-City Contest Network All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 (C) 2005-2011 The XOOPS Project